FC2ブログ
2007/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
合唱祭

14日、北見合唱祭がありました。私は、私が専属伴奏者を勤めさせていただいている北見混声合唱団と、ひばり合唱団の伴奏をしました。

ひばり合唱団とは、この合唱祭に向けて、認知症高齢者の方々で結成された合唱団です。この日のために、月に何度か各グループホームからの参加者が集まり練習をしてきました。認知症高齢者の方が覚えていらっしゃる昔懐かしい歌や唱歌を歌いました。
心温かな歌声でした。

音楽療法というのが、一つの分野としてこの数年で特に盛んに行われてきていますが、私も少し勉強をして、今回も参加されていたあるグループホームで行っていました。その時間を療法という言葉にするのはあまり好きではありませんし、おこがましい感じもします。
ですが、認知症高齢者の方が、昔懐かしい歌を歌うことによって、昔を懐かしみ思い出しながら、次第に顔が明るく生き生きとされてくるのには、いつも、音楽のはかりしれない力を感じました。

そして、その心温かな歌声に、私も元気をいただきました。
1曲歌う度に、ありがたいね~とつぶやかれる方・・・
楽しそうな笑い・・・
幸せそうな笑顔・・・

祖母に童謡を口ずさんでもらっていた頃のことを思い出しました。

むかしむかし、子供の頃に、両親や祖母が一緒に口ずさんでくれた童謡や懐かしい歌の数々・・・。季節の折々に歌とともに感じたことや見た風景や空気を、今も思い出します。ある時は、ドライブの車の中で・・、またある時は、海や山で・・・、日常の中にいつも歌がありました。

私にとっての音楽の原点はそこにあるのではとよく思うことがあります。「三つ子の魂百までも」と言われますが、幼い頃に歌った素朴な歌の数々は、幼い子供の心に知らない間に、多くのものを与えてくれるのでしょう。そして、それは、大人になっても、心の中の無意識の領域に、なくならずにずっと残されているのです。
認知症の方がその歌をきっかけに、忘れていた昔のことを思い出し、少しずつ話し始める時、なんともいえないご様子とその内容に、心を打たれました。

歌には、いろんな力があることを思い知らされます。

ピアノを習っている生徒の皆さんにも、小さな頃から、ピアノだけではなく、日常の中で歌を歌う楽しさが根付いてくれたらいいなと思います。

出番前に、「合唱祭は歌のお祭り、楽しく歌おうね!」我が合唱団の幹事長のお言葉が聞こえてきました。歌が大好きで楽しんでいらっしゃる北見混声合唱団の皆さんからも、いつも多くの音楽する喜びをいただいています。
もちろん、楽しく伴奏させていただきました(^^)

北見混声合唱団の定期演奏会が、11月18日、午後7時より北見芸術文化ホールにて行われます。
ぜひ、皆さんいらしてください。
スポンサーサイト



こどものためのコンサート
IMG_0168.jpg


先月23日の幹の会教師会主催のこどものためのコンサートは、おかげ様で無事に終えることができました。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

今回、私は、ピアノソロでショパンの幻想即興曲を、そして、2台のピアノで、尾高尚忠さんの「みだれ」を演奏しました。日本的な美の世界を表現した尾高さんの「みだれ」の演奏では、これまでで初めて、和装で振袖を着ての演奏を試みましたので画像をアップしてみました。コンサート終了後、ホッとしたひと時に撮った写真です。
慣れない和装での演奏になかなか大変でしたが、とても楽しむことができました。

今回のこのコンサートには、特別の思いがありました。
今年1月に北見市のガス漏れ事故で亡くなった後藤京子さんは、私たち幹の会教師会の中心としてずっと活躍されてきた方でした。
そして今年27回目を迎えたこのコンサートに昨年までの26回全て出演されてきたのです。私自身も帰郷してから10数年、毎年このコンサートに出演して、京子さんと一緒に企画をしたりしながら、共に音楽を楽しんだ日々・・・、そんな日々を、悲しさと寂しさの中で、毎日毎日思い出しながらの準備でした。
昨年のこのコンサートが終わった後すぐに、今年のホールの予約の全てを行ってくれていた京子さん・・・。
いつも前向きで、少々大変なことでも、とりあえずやってみようよ!と、いつも楽しそうに明るいパワーにあふれ、私達をリードしてくれていた京子さん・・・、そんな京子さんの笑顔がいつも思い浮かび、そして、明るい声が聞こえ、励まされながら、コンサートの日を迎えました。
今年、京子さんからいただいた年賀状には、「やっぱり音楽って楽しいね!」と書かれてありました・・・。
コンサートの最後に、4人8手連弾で「千の風になって」を天国にいる京子さんへ演奏しました。私達の演奏が、京子さんへ届くことはできたでしょうか・・・。
京子さんが逝ってしまった悲しさ、寂しさははかりしれません・・・。
今は、生前の京子さんへ、感謝、感謝、感謝・・・。
京子さんの思いとともに、これからも、少しずつでも前進していきたいです。
そして、これからも、天国の京子さんと「やっぱり音楽って楽しいですね!」と、時々話しながら・・・・。
心から、ご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
pianist tomokoのブログです。

ブログランキング
人気ブログランキング参加中
カテゴリー
リンク
コンサート
2012年2月24日(金)
西尾朋子ピアノコンサート
美幌町立旭小学校

2012年3月30日(金)
西尾朋子ピアノコンサート
北見市常呂町公民館

2012年5月20日(日)
幹の会 こどものためのコンサートシリーズ ピアノ教師による音楽の贈り物「スプリングコンサート」
北見芸術文化ホール

2012年10月13日(土)
西尾貴浩サックスコンサート
北見市常呂町公民館

2012年10月21日(日)
置戸コーラスサークル「そよかぜ」創立20周年記念定期演奏会
置戸町公民館

2012年11月11日(日)
オホーツク合唱フェスティバル
北見芸術文化ホール

2012年12月2日(日)13:30
フォレストエコーズ西尾朋子ピアノ教室発表会
北見芸術文化ホール
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター